一般外壁塗装

  • 【塗り替え前】

  • 【塗り替え前】

  • 【塗り替え後】

  • 【塗り替え後】

  • 【塗り替え後】

■新築時の感動をもう一度!外壁塗装で美観性&防水性をアップ!
毎日過ごすお住まいの外観に、色あせやひび割れがあるようでは、なんだか気持ちも暗くなってしまいますよね。
外壁塗装を行えば、新築時のようなピカピカのお住まいに、見た目を一新させることが可能です!
さらに大きく色を変えたり、1階部分と2階部分で色使いを変えたりすれば、大幅なイメージアップも。
オシャレな色づかいにして、ご近所の方に自慢できる外観をつくりましょう。

また、忘れてはならないのが、“防水性能の回復”です。
実は外壁塗装を行う一番の目的は、お住まいを雨や湿気から保護すること。
お住まいは大変水に弱く、下地部分や構造部分に水分が染みこむと、腐食を起こしてしまいます。
さらに湿った木が大好物である白アリを呼び寄せてしまえば、一層被害が拡大することに!

長く安全にお住まいで過ごせるようにするためにも、適切なタイミングで塗り替えを行い、防水性を維持することが大切です。
■こんな症状を見つけたらキケン!塗り替えのサイン
外壁材や塗料の性能にもよりますが、外壁塗装のサイクルはおよそ10年といわれています。
前の塗り替えからそろそろ10年…という方は、ぜひ外壁のセルフチェックを!
下記のような症状を発見したら、そろそろ塗り替えのタイミングです。

□ 塗装が色あせている
□ 外壁の表面を触ると、手に白い粉がつく
□ ひび割れがある
□ 苔やカビが壁面に繁殖している
□ 塗膜が剥がれている
など
■「ファーストペイント」の塗り替えは、なぜ持ちが良いの?そのヒミツを教えます!
◎「1級塗装技能士」が塗り替えます!
当社では、国家資格である“1級塗装技能士”の所有者が塗り替えを行っています。
塗装技能士の資格には、1級から3級までがありますが、特に1級は、実務経験が重視される難易度の高い資格。
高度な知識・技術を持った職人だからできる、質の高い施工をお届けします。

◎下地調整を大事に、耐久性にこだわります!
塗装の工程において、最も重要とされているのが“下地処理”。
傷みやひび割れの補修が不十分だったり、古い塗膜やサビを落としきらないまま塗装してしまうと、塗った直後はきれいでも、数年で塗膜が剥がれてきてしまいます。
塗料の持つ機能を充分に発揮させるためにも、当社では完成後隠れてしまう部分こそ丁寧に、妥協の無い施工を心がけています。

◎お住まいの状況を見極め、ぴったりの塗料をご提案します!
塗装の耐久性を決める大事な要素の一つに、塗料の選定があります。
もちろん、もともと性能が良く、耐久年数の長い塗料もありますが、外装材や古い塗膜との相性、立地条件に合わせた塗料を選ばなければ、本来の耐久年数は見込めません。
数多くある塗料の中から、豊富な施工経験、知識をもとに、ベストなものをご提案いたします。
>>さらにチェック!ファーストペイントのこだわりポイント

一覧に戻る

▲TOPへ